歯のクリーニングはこのような人におすすめしたい 歯のクリーニングというのは、名前の通りに専用の機械を使用して、汚れた歯をきれいにする作業のことです。通常は歯科医院で行い、歯周ポケットなど歯ブラシで届かないような場所でもきれいにできます。
  • どのような流れではのクリーニングを行うのか

    汚れが酷い場合のクリーニング

    歯のクリーニングは、歯の汚れが酷い場合と、それほど酷くない場合では若干流れや方法が異なる場合があります。では、歯の汚れが酷い場合には、どのような流れで行うのでしょうか。まずは歯の状態を確認するところから始まるのですが、これは必ず一緒です。歯の汚れが酷い場合には、超音波器具や高圧エアー器具などを用いられることが多いでしょう。それからドリルを用いて丁寧に歯石や歯垢を落としていきます。汚れが酷い場合には、数回に分けて行うことも珍しくはありません。

    そのため、初回は上の左側を行い、2回目は下の左側を行うなどに分けて実施する場合もあります。なぜなら歯科医院というは通常予約制で、あまり時間をかけてしまうと他の予約をした患者を待たせてしまうからです。ドリルで一通り汚れを除去したら、取り残した部分などを確認しながら再度汚れを除去します。それから研磨剤を用いて歯を白くしてお終いです。汚れが酷くて時間がかかった場合、歯磨きの指導などをしてくれることも珍しくはありません。

    あまり汚れていない場合の流れ

    あまり歯が汚れていない場合には、1度に全ての歯のクリーニングを行うことが多いでしょう。最初はドリルで汚れている部分を除去しておき、それから歯間ブラシや糸ようじなどを使って歯の隙間の汚れを除去してくれる歯科医院もあります。最後に研磨剤で歯を白くして終了となるのが一般的ですが、あまり歯が汚れていない場合には、比較的短い時間で終了することも珍しくはありません。あまり歯が汚れていると、時間も料金もかかってしまうのです。

    そう考えれば、普段からしっかりと歯を磨いておこうと考える人も多いでしょう。普段から歯がきれいになっている人の中には、定期健診を行っている人もいるでしょうが、定期健診の際にもきちんと歯のクリーニングを行うのが一般的です。この場合には最初にレントゲンやCTを取って、説明を受けてから歯のクリーニングを行い、最後に検査を行って終了となります。これだけの流れでも1時間弱ぐらいで終了するので、やはり普段から歯をきれいに保つべきです。

    参考:歯のクリーニングを行うことでたくさんのメリットが得られる

アーカイブ