歯のクリーニングはこのような人におすすめしたい 歯のクリーニングというのは、名前の通りに専用の機械を使用して、汚れた歯をきれいにする作業のことです。通常は歯科医院で行い、歯周ポケットなど歯ブラシで届かないような場所でもきれいにできます。
  • 歯のクリーニングはこのような人におすすめしたい

    虫歯を予防するために定期的に行う

    歯のクリーニングを行う目的というのは、汚れている歯をきれいにすることです。そのため、虫歯予防をしっかりとしておきたいという人におすすめできます。家でも歯をしっかりと磨いているから大丈夫と考えている人もいるでしょうが、実際にはしっかりと歯を磨いているつもりであっても、磨き残しが存在する場合もあるのです。そうすると磨き残した部分から虫歯になってしまうでしょう。

    そうならないためには、定期的に歯科医院へ行って、歯のクリーニングを行うべきです。そうすれば磨き残した部分の汚れや食べかすもしっかりと除去してくれますし、もし虫歯などがあれば、その場で治療をしておくことも可能です。このように歯科医院で歯のクリーニングを行うと、いろいろなメリットがあるのです。定期的に通う習慣を身に付けておくべきでしょう。

    また、歯の検査も同時に行っておくと、より虫歯の予防になります。初診で歯科医院に行くと、どのような目的で来院したのかという問診票に記入することが多いでしょう。そうしたら歯のクリーニングは当然として、検査の項目にもチェックをしておくべきです。問診票がなく、口頭で伝える場合にも同様です。

    口の中がすっきりとする

    人によっては口の中がネバネバしている状態の場合もあるでしょう。きちんと歯を磨いているつもりであっても、その人の体質によっては、あまりすっきりとはしない、磨いた直後はすっきりとしていても、少し時間が経過するとすぐネバネバするという人は、歯のクリーニングを行うことで、すっきりとした感じになるのです。歯のクリーニングというのは、歯だけをきれいにするわけではありません。

    歯茎と歯の付け根の部分までしっかりと汚れを除去してくれるのです。だからこそ口の中がすっきりとするのですが、すぐにネバネバしてしまう場合には、他の原因がある場合も考えられます。このような場合には、歯のクリーニングを行う前に、歯科医院へ相談してみるのもよいでしょう。そうすることで改善策を施してくれる場合もあるので、おすすめできます。

    歯周病の予防にもなる

    歯の病気は虫歯だけではありません。歯周病も発生しやすい歯の病気だと言えるでしょう。歯のクリーニングは虫歯の予防をするのにも最適ですが、歯周病の予防にも最適なのです。歯周病というのは、進行すると歯を失ってしまうこともある恐ろしい病気です。だからこそ普段からしっかりと予防をする必要があるのですが、歯周病は歯茎も関係しているので、やはり歯科医院でのクリーニングがおすすめできます。

    子供でも歯周病になる可能性はあるので、最低でも1年に1回は歯医者に行って歯をきれいにしてもらうべきでしょう。大人でも若い人は1年に1回ぐらいで問題ありませんが、歯周病と診断された場合や、ある程度年齢を重ねた人に関しては、年に2回から3回ぐらい通うべきです。歯科医院へ行ってしっかりと歯のクリーニングを行ってもらいましょう。

    関連:歯医者ではなく自分で行う歯のクリーニングもある

アーカイブ